文具で毎日に〝楽しみ〟をプラス!

【小さいホッチキス】機能もデザインも優秀なカラーギミック!

小さいホッチキス カラーギミック

ホッチキスってそんなに頻繁に使わないしあんまり持ち歩くイメージがないですよね。

私の中ではお道具箱や机の引き出しにしまう物だったんで、今まで形やデザインを気にしたことがありませんでした。

それに、これを言うとおばちゃん感丸出しですが、デザインも多くはなかったので『選ぶ』っていうことを考えたことすらありませんでした。

今ってホッチキスもいろいろあるんですね…笑

今回仕事でどうしてもポケットにホッチキスを常備しておきたい状況になったんですが、正直「ホッチキスとして使えたらいいか…」くらいに考えて、今の市場を侮っていました。

以前おもちゃのような3cmほどのホッチキスを持っていて正直使いにくかったのを覚えているので期待できなかったんですよね💦

やっぱり「小さいと機能はどうしても劣るもんだ」という先入観すらありました。

ですが、持ち運びに便利なサイズで使い勝手もよいホッチキスに出会ったんです!

しかもデザインまで可愛い!!

今回は私がちょっとびっくりした、小さくても機能良し・デザイン良しのカラーギミックホッチキスについてレビューしていきます。

カラーギミック商品説明

カラーギミック説明書

まずは商品について。

商品の外側にも使い方が載っていたんですが、中の取扱説明書にも同じことが書いてあるのでそちらの画像を載せておきますね。

とじ枚数は10枚。

針も10号という一般的なサイズで、購入時にすでに入っています。

すぐに使える状態なのは嬉しいですよね。

針装填数も50本で、ホッチキスの針の一束分になります。

小さいってどれくらい?

ミニホッチキスとホッチキス針のサイズ比較

次はホッチキスのサイズについてです。

通常のホッチキスと比べてみようと思ったんですが通常ホッチキスのサイズがまちまちなので、よくご存じのホッチキスの針箱とサイズ比較してみました。

大きさとしては針箱より少し大きくらい。

よくあるホッチキスよりかなり小さめですが、だからっと言ってめちゃくちゃ小さいというわけでもなく本当に丁度よい大きさです!

もちろん小さいので重さも28gとかなり軽量!

余談ですがこのホッチキスの針とカラーギミックは同じ『マックス株式会社』の製品です。

ホッチキスのことを知り尽くしている人たちが熟考して作られた製品なので使いやすいのは納得です!

折りたためてコンパクト

カラーギミックを閉じた状態

先ほどホッチキスのサイズ感について話したんですが、カラーギミックは使わないときは折りたためます!

小さいのにさらにコンパクトになるってすごいです!

折りたためて平らになることで他の文具とも収納しやすいし、いざというときのために筆箱に常備しておくことも可能です。

使い方

使い方は簡単!

①一度ホッチキスを開いて上部の青いボタンを右に動かすと中のロック部分が動きます。

②そしてホッチキスを再び閉じます。
ロックボタンを動かしたことで一般的なホッチキスと同じ開いた状態になります。

カラーギミックの内側
カラーギミック開いた状態

③あとは通常のホッチキスと同じ使い方でOK!

カラーデザイン

カラーはライトブルー・ライトグリーン・ピンクの3色です。

持ち手の部分がブラックなのでボタンの色味が映えていてどの色も可愛いんです。

青が仕事のはかどるカラーってことで私は単純に青を選びました 笑

使いやすさは抜群

実際使ってみた感想としてはかなり使いやすいです。

私はポケットに入れて持ち歩いているんですが、重たくもないし邪魔にもならないし、もちろんポーチタイプの筆箱などにも余裕で入ります!

ただ小さいので紙を挟む隙間もやや小さめなんですよね。

とじる紙などが折れたりしていると挟みにくいので伸ばしてからとじてくださいね。

あと、とじ枚数は10枚と記載されていたんですが、間違えて20枚とじてみても問題なくとじれました💦笑

特に力が強く必要だったということもないし、むしろ本体が軽い分ラクに押せる感じです。

小さすぎないので手のフィット感もあるし、今まで使ってきたホッチキスが大きすぎるような感覚にさえなります 笑

まとめ

小さくて軽量化された商品ってどこか妥協されたイメージがあったんですが、カラーギミックのホッチキスに至っては既存のホッチキスより高性能だと感じました。

私のように持ち歩く必要がない人でも、収納スペースも小さくて済むし、使い勝手も良いのでカラーギミックはかなりおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA