文具で毎日に〝楽しみ〟をプラス!

【シャーペン】正しい持ち方が自然と身につく!『Hacoa』三角軸ペンを徹底レビュー

hacoa 三角シャープペンシル タイトル

こんにちは。おしゃれでかわいい文房具をこよなく愛すみかんです。

鉛筆って早いと1~2歳ころには使い始めるアイテムで、お箸よりも早く使うことができるようになります。

ただ手が小さいので持ち方をを教えてもなかなか上手く持てなかったりするんですよね。

日本は家でも学校でも持ち方の練習をするくらい手元を意識する人が多いので、父母だけでなく祖父母や曾祖父母に注意されたことがある人も多いんじゃないでしょうか。

※海外では持ち方の習慣がある国もあればない国もあります。

私もおばあちゃんにお箸や鉛筆の持ち方を指摘された記憶があるな…💦

みかん

小学生になるころには手も大きくなるし徐々に矯正されてくるので、正しく鉛筆を持つ子供が増えてきます。

それでもクセが抜けなかったり、なぜか友達の鉛筆の持ち方の影響を受けてわざと違う持ち方をしてみたりしちゃうんですよね。

自然に上手に持てる子もいますが、一度クセがついてしまうとそう簡単には直せません。

大人になってようやく正しく持てないことに恥ずかしさを感じても、何十年もその持ち方をしているので直すには努力が必要になってきます。

かく言う私も疲れてくるとちょっと持ち方が崩れてきたりしちゃうんです💦

シャープペンシル変な持ち方
疲れると全体的に手を巻き込んじゃう💦

こうやってあらためて見ると不格好ですよね。

大人になってから持ち方を直すのは根気も集中力も必要だし、正しい持ち方にするために今さら三角鉛筆を使って直すのも恥ずかしい…

そんなときに出会ったのがHacoaの三角シャープペンシルでした。

ほんとは旦那へのプレゼントとして買ったんだけどね。こっそり私が使うことにしました。笑

みかん

しかもこのシャープペンシルは正しい持ち方ができるだけじゃなく大人が使う雰囲気のおしゃれな木製で、持ち方を気にしていることを微塵も感じさせないデザインなんです。

ということで、今回のテーマはこちら。

テーマ

この記事は、自然と正しい持ち方ができる【Hacoa】三角シャープペンシルのレビューを書いていきます。

持ち方を直していることに気付かれないので、字を書くときに手元を見られても堂々としていられます。
手元でマイナスの印象を与えることなく、むしろ良い印象になるので、持ち方に悩む人はぜひ使ってみて欲しいです!

Hacoaシャープペンシルおすすめポイント

早速ですが、Hacoaの三角軸シャープペンシルの何がおすすめなのかお伝えしていきますね。

三角軸はクセが出にくいので自然と正しい持ち方に

hacoa三角シャープペンシルを使ってみた
三角軸が親指・人差し指・中指にフィット

一般的に売られているシャープペンシルの多くは円柱です。

円柱だとどこでも持てるので便利なんですが、正しいペンの持ち方をしようとしても持ち方のクセがある人にとっては『クセの影響が出やすいペン』なんですよね。

でもHacoaの三角軸シャープペンシルは、三角形の面の部分にしか指がフィットしないので、自然とクセがでにくくなって正しい持ち方になります。

しかもちょっと太めなので持ちやすいです。

おしゃれアイテムにしか見えない木製で大人が使える

木製でシンプルな感じがとってもおしゃれなので、『三角軸である理由』がシャーペンのデザインだと思わせてくれます。

シャーペンを正しく持つために使っていたとしても誰にもバレません!

三角軸のシャープペンシルは他のメーカーさんからも販売されていますが、プラスチック製の業務的な感じのモノだったりするので、大人使いとして考えるとHacoaのシャープペンシルが落ち着いたデザインで誰からも好かれる印象です。

木材を使用しているので木目が世界に一つだけというのも魅力です。

適度な重さでラクに書ける

シャープペンシルって重いと手が疲れそうで軽いものを選びがちなんですが、Hacoaのシャープペンシルは適度な重さでラクに字を書くことができます。

重さは約25(g)。

筆圧が弱くてもシャープペンシルを軽く持っていても、ペンの重さでキレイに字が書けるのが良いです。

手に馴染んで味のある色に

木材がサラサラすべすべした触感で肌触りが良い上に、三角軸なので持つと手にフィットしてくれるんですよね。

木製なので使っていくうちに味がある色に変わって自分の手に馴染んでくるので、長く使うほど愛着が湧くこと間違いなしです。

講義や商談など大事な場面でも転がらない

三角軸なのでペンが転がっていく心配がありません。

大事な話し合いの場だったり、テストだったり、いざという場面にもってこいな形なので心強い味方になってくれます。

ちょっと気になるところ

良いところも多くあるんですが、ちょっと気になるところもあったので正直にお伝えしておきます。

ペンが短め

ペンの端から端まで13cmしかありません。

一般的なペンやマーカーは14~15cm。

この1~2cmの差が気になりました。

っていうより、短いせいでクリップが持ち手に当たります(※三角の面のどの部分を持つかで変わります)。

hacoaシャープペンシル クリップが手に当たる。

なので、シャープペンシルを握ったときにクリップ部分が手に当たらないように持たないといけないんです。

まぁ指の定位置が決まっていてよいという側面もありますが、どの面でも持てるようにできていたらもっと良いような気がします。

木製じゃないところの汚れ

木製部分は汚れが目立ちにくいんですが、ペン先とクリップから上の金属部分は指紋や手の油の汚れが反映されやすいです。

拭き取ればすぐに目立たなくなりますが、使っていると少々気になるところです。

芯の補充がちょっと手間

一般的なシャープペンシルと比べると芯の補充に手間がかかります。

1.まずはペン先部分を回して取り外します。

Hacoaシャープペンシル中身

2.中身の白いキャップを外せばシャープペンシルの芯を入れる部分が開きます。

hacoaシャープペンシル 芯補充

このひと手間が面倒な気はしますが、正しくペンを持つメリットを考えれば妥協できる範囲ではあるかと思います。

以上おすすめポイントとちょっと気になるところについて書いてきましたが、次は、シャープペンシルの商品についての説明をもう少し詳しくしておきますね。

Hacoaシャープペンシル(+LUMBER)について

Hacoaの三角シャープペンシルは+LUMBERというブランドの商品です。

樹の種類(材質)

チェリー/ウォールナット/パープルハート/カリン(花梨)の4種類から選ぶことができます。

私が選んだのはチェリーです。

Hacoaシャープペンシルとボールペンのセット
手前がシャープペンシル(チェリー)
奥がボールペン(カリン)

ペンじゃないけど木材の参考にウォールナットも載せておきますね。

Hacoa電卓を同じ色の筆箱と比較
電卓と筆箱(ウォールナット)

もっと詳しくシャープペンシルについて知りたい方は下記の公式サイトをご覧ください。

ちなみに電卓についてはこちらの記事にレビューを書いています。

Hacoa 電卓 タイトル 自分へのプレゼントにおしゃれ文房具を♡高級電卓は主婦の味方!

値段

値段はシャープペンシルとしては少々お高めの2,420円(税込み)。

これに送料もかかるともう少し高くなりますが、送料無料の金額まで複数商品を購入すると良いかもしれません。

また簡単なレビューを書くと次回5%OFFのチケットがもらえます。

木製で高級感のある落ち着いたデザイン、世界にったった一つの木目、何より正しくペンを持つことを優先するなら買うメリットは大きいです!

名入れやメッセージも

Hacoaシャープペンシルの名入れ
名入れやメッセージ、記念日が入れられます。

シャープペンシルの側面に文字を入れてもらうことができます。名前だけじゃなく好きな言葉を入れたり、記念日を入れたりするとプレゼントにも喜ばれる一品に!

ペンの持ち方が気になる子供の入学祝や卒業祝いにもおすすめです。

文字が16種類から選べてイメージ画像がメールで届くように設定できるので、納得いくまで何度でもやり直すことができます。

ちなみに名入れには別途1100円が必要になります。

※参考までに、名入れ注文をして商品が我が家に到着するまでの期間は6日でした。

三角軸のボールペンもあります!

実はシャープペンシルだけじゃなく三角軸のボールペンもあります。

ってすでに画像を載せていたのでバレていますね 笑

私は旦那へのプレゼント用として購入したので、名入れ込みのシャープペンシル・ボールペンをセットで購入しました。

どちらも三角軸なので自分がよく使う方、もしくは両方持っていると使い勝手が良いですよ。

購入方法

私は下記のHacoaのオンラインストアから購入しました。

直接シャープペンシルのサイトに行きたい方はこちらからどうぞ!

綺麗なペンの持ち方になるための2つの方法

正しい持ち方でキレイにペンが持てるようになるには、三角シャープペンシルを使う以外にあと2つできることがあります。

まずは持ち方から。

薬指と小指で〇〇を持つ

正しいペンの持ち方をする練習はティッシュを握る

ここまでHacoaのシャープペンシルについて書いてきましたが、三角シャープペンシルを使っても完全に正しい持ち方をするためには意識してペンを持つ必要があります。

ずっと意識を集中させるのは難しいですよね。

ちょっとでもラクに正しく持ちたいですよね。

その時は、薬指と小指で丸めたティッシュを握ってペンを持つと良いです。

残りの3本の指でペンを正しく持ちやすくなるので、ぜひ一度試してみてください。

これは海外でも実践されている子供にペンの持ち方を教えるための方法です。

中指の当たる位置

あともう一つが中指の当たる位置です。

親指と人差し指ってパッと見てわかるので意識がいきやすいんですが、中指は隠れてしまっているのであまり指摘する人もいません。

ってことで私が指摘しておきます。笑

シャープペンシル変な持ち方

中指の第一関節と第二関節の間にペンが当たると、手全体に力が入ってしまって疲れやすくなるんですよね。

正しく持つ場合は中指の第一関節より上の部分(爪の左下ちかく)が当たるように意識すると疲れにくくなって持ち方がキレイに見えます。

hacoa三角シャープペンシルを使ってみた

正しい持ち方でペンを持とう

持ち方がキレイな人ってそれだけでちゃんとしてるような印象を与えます。

ペンの持ち方に自信がなくて引け目を感じているとしたら、今この瞬間が最短で正すチャンス。

Hacoaのシャープペンシルとちょっとの意識付けでペンの持ち方がキレイになるので、この記事を参考にペンの持ち方に自信が持てる人が増えることを願っています。

みかん

最後まで読んで下さってありがとうございました。 みかんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA