文具で毎日に〝楽しみ〟をプラス!

確認漏れが一目でわかる付箋『ピリッと』でミスを防げ!

付箋ピリッと タイトル

仕事で誰かに確認を依頼したとき、見てもらえたかめっちゃ気になりませんか?

自分が目を通すように言われた資料について『確認』したか記憶があやふやで焦ったりしていませんか?

もし、『確認』しているかどうかがわかるモノがあったら便利ですよね。

ってことで、

テーマ

この記事は、『確認』したことが一目でわかる付箋【ピリッと】のレビューをしていきます。

この付箋を使うことで次の行動も明確になるので時間管理がしやすくなります。

created by Rinker
サンスター文具(Sun-Star Stationery)
¥550 (2021/05/19 01:26:54時点 Amazon調べ-詳細)

良かったところ

一目で『確認』したことがわかる!

付箋ピリッとを切り離してみた

最初に付箋の使い方をお伝えしておきます。

①確認が必要なページに『要確認!』の付箋を張り付てください。
②確認が終わったら『要』の部分をちぎってください。

作業はこれで終わりです。

使い方は簡単だね!

みかん

残った付箋は『確認!』なので一目瞭然で確認したことがわかります。

デザインのちがう『LOOK!』も確認後は『OK!』になるのでこれまた一目瞭然ですね。

付箋なのでページを開かなくても簡単にわかるのがめっちゃくちゃ良いです!

「あれ💦どこだっけ?」なんてワタワタせずに済むので、その分落ち着いて行動できます。

キレイにちぎれるミシン目付き

ミシン目がついているのでハサミがなくても手で付箋をキレイに切り離すことができます。

付箋の素材がフィルムでミシン目以外の部分は切れないので、「他の文字までちぎっちゃった」ってなることもありません。

道具いらずで切りたい箇所だけ切れるのは使いやすいですね。

透ける付箋なので裏からも確認できる

付箋ピリッとは裏からでも確認できる
『ピリッと』は裏からでも確認できる

付箋が半透明のフィルムなので裏側からも『確認』しているかどうかがわかります。

ページを開いている途中でも確認ができるってことですね。

作業中の手を止めてわざわざ付箋のおもてを確認しなくていいので仕事が早くできます。

接着面が広めで外れにくい

付箋ピリッとの接着面
接着面は付箋の約半分

一般的な紙の付箋よりも接着面が多いのでしっかりくっついてくれます。

デザインによっては接着面のところまでイラストがあってページを閉じると隠れちゃう部分もでてくるので、気になる方はデザインと接着面のバランスも見ておくと良いです。

付箋がちゃんとくっついてないとミスを防ぐどころかミスだらけになっちゃいますもんね 笑

そしてフィルム製なので付箋が折れたりクチャクチャになって確認できなくなることがないのも安心です!

ちょっと気になったところ

ピリッと切り離しがちょっと固い

ミシン目があるので簡単に切れるのかと思いきや、ちょっと固いので力がいります。

キレイには切り取れるんですが、先にミシン目に沿って折っていても固いんです。

ちぎる角度や力加減にコツがいるかなと言った印象です。

文字の書き込みスペースが少ない

付箋ピリッとに書き込み

『確認』が必要なモノってある程度期限が決まっていることが多いと思うんですが、付箋に余白があまりないので書き込むのが難しいです。

「〇月〇日まで」とか「至急」とか書き込めるとともっと使いやすくなるのになぁなんて思ってました。

探してみるとオフィス用の一部のピリッとには余白が付いてるタイプも売っていたので、どうしても書き込みたい方はそちらを選んでくださいね。

ピリッとのデザインも豊富にあってここではご紹介しきれないので、気になる方は下記の公式ホームページをご覧ください。

Piri-it!(ピリット) 紹介/サンスター文具 おすすめ商品 (sun-star-st.jp)

多くのピリッとには余白が少ないようなので、無地の付箋を補足用として使うのもありかと思います。

一応接着面のおもて側は余白があるのでそこに書き込むこともできますが、ノートを閉じた時に隠れてしまうので一目で『確認』の期限を知りたい場合は小さくても見えるスペースに書く方が良さそうです。

左開きノートのサイドに貼ると読みにくい

左開き手帳に付箋『ピリッと』を貼ったら

ノートの多くは左開き(左綴じ)になっています。

ですが、ピリッとは左綴じ用ではないんです。

付箋の文字が『確認は縦書き』なので横向きにすると横文字に…。

そして『LOOKは横書き』になっているんですが、ページサイドに張り付けると文字が上下サカサマor裏表サカサマになってしまうんですよね。

裏からでも確認できなくはありませんがサカサマ文字はちょっと残念です。

確認漏れをなくして「できる人」に!

確認作業ってすぐできたらいいんですが、仕事だったり期限に余裕があったりするとなかなか優先順位が上にならなかったりします。

そしてそのまま「忘れてた💦」とかって焦ることになります。

でも『ピリッと』があれば大丈夫!

上司に確認を依頼したモノも頻繁に声かけができなかったりしますよね。

そんなときも『ピリッと』を付けて渡していれば、確認してくれているか聞かなくてもわかります!

まずは「確認したらちぎっておくと便利なんです」って使い方を違和感なく伝えなきゃいけないけどね。

みかん

created by Rinker
サンスター文具(Sun-Star Stationery)
¥550 (2021/05/19 01:26:54時点 Amazon調べ-詳細)

ミスを防いで、一目で確認できる『ピリッと』で仕事ができる人に1歩近づきましょう。

みかん

最後まで読んで下さってありがとうございました。 みかん(@fumifumican)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA