文具で毎日に〝楽しみ〟をプラス!

【黒い消しゴム】おすすめなのはこんな人!

黒い消しゴム こんな人におすすめ!

消しゴムの主流は白色です。

清潔感もあるし、何となく鉛筆で書いたところがよく消えそうですよね。

でも最近は黒色の消しゴムも増えてきました。

とは言っても黒色の消しゴムが発売されてから7年以上経っているのでもう少し使っている人を見かけてもいいかなと思うくらい使用者は少なめです。

黒い消しゴムって使ったことない人はなかなか手が出ないんですよね。

だって白い消しゴムで事足りますし、黒色のメリットを知らないから。

そんな私も黒色にはなかなか手が出なかった一人です。

最近で言うならば黒マスクと同じイメージ💦

黒が好きな人が使うのかなと思っていました 笑

でも実は違ったんですね。

今回は黒い消しゴムができた理由とどんな人におすすめかについて書いていきます。

消しゴムの汚れが目立たない

黒い消しゴムが作られた理由の一つは、白い消しゴムの汚れが目立つのを改善させるために黒になったそうです。

白い消しゴムは文字を消すとどうしても鉛筆の黒がついてしまうんですよね。

紙の白い部分を消しゴムでこすればまた白くなりますが、汚れを取るだけのためにこするのは消しゴムの本来の役割とは別の労力が生じます。

一見清潔感のある白でも汚れが付いてしまうとキレイには見えませんよね。

ここでちょっと比較してみます。

白黒消しゴム

メモ帳に鉛筆で二つ落書きをしてみました。

上が黒、下が白い消しゴムです。

消してみると、

白黒消しゴムで消してみる

白い消しゴムは汚れが目立ちますが、黒い消しゴムは文字を消した後も鉛筆汚れが付いているかどうかわかりません。

黒い消しゴムの方は、一部分に目立った汚れがないのでキレイに見えますよね。

消しカスが黒

先ほどの落書きを全部消してみるとこんな感じになりました。

白黒消しゴム 消しカス

白い消しゴムの方は消しカスは白と黒。黒い消しゴムの方は真っ黒の消しカスです。

一目で消しカスがあるのがわかるので掃除をするときに見やすいのが特徴です。

消し心地は…

肝心な消し心地についてですが、これは白か黒かと言いう色の問題ではなく、各メーカーによりました。

ちょっと硬めで消しガスがパラパラするのがよければぺんてる株式会社の“AinBlack”、柔らかく消しカスがまとまるのがよければトンボ鉛筆のMONO消しゴムブラックといった感じになるかと思います。

お好きなメーカーの黒色消しゴムがあればぜひ使ってもらいたいと思います。

インクジェット専用紙は避けて!

黒色消しゴムは白色消しゴムと同じ機能ならメリットしかないような気がしてしまいますが、インクジェット専用紙などの特殊な紙の種類によっては紙面を黒く汚してしまうことがあるそうです。

通常のノートなどは問題なく使えるので、紙の種類にだけ気を付けておいてくださいね。

黒い消しゴムはキレイ好きにおすすめ

大人になると消しゴムを使う機会は減るかもしれませんが、ちょっとした研修や職場でも筆記用具がキレイに使われていると『できる人』っていう感じがしますよね。

黒い消しゴムは一見暗いイメージかと思いきや清潔感満載の消しゴムでした。

もし消しカスが気にならない…とか消しカスが片付けられない…という方がいらっしゃったら黒い消しゴムはおすすめできません💦

消しカスが目立つので、片付けられる人・そして大人感を演出したい人にもおすすめです。

もちろん学生にもおすすめですよ。

created by Rinker
ぺんてる
¥449 (2021/05/18 15:59:47時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
トンボ(Tombow)
¥660 (2021/05/18 18:44:25時点 Amazon調べ-詳細)

※黒い消しゴムで消しカスを集めたくなる【磁ケシ】は消しカスが片付けられない人にもおすすめです!
気になる方は下記記事もどうぞ\(^o^)/

Zi-keshi タイトル 【Zi-keshi】磁石で消しカスを集めて机をキレイにしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA