文具で毎日に〝楽しみ〟をプラス!

【磁ケシ】磁石で消しカスを集めて机をキレイにしよう!

Zi-keshi タイトル

消しゴムを使った後ってけっこう散らかってませんか?

大人でも机のはしっこに集めた消しカスに手が当たってぶちまけたりするし、子供にいたっては堂々と机の下に落としたりもします(;一_一)

何で下に落とすの~!!!

みかん

手で集めると小さい粒がくっつくし、払ったら散らばるし、『消しカスがある』っていう状態は気分が良いものではありません。

昔は消しカスを集めるのが流行ったりもしましたが、それも小学生くらいまで…笑

何とかして消しカスを簡単にキレイに集めたいってことで、

テーマ

この記事は、消しカスを集めることに特化している【Zi-keshi】磁ケシについてのレビューを書いていきます。

消しカスで机の上を散らかさない・消しカスを机の下に落とさないようにできるか、いざ実践!

なぜ消しカスを集められるのか

消しゴムに鉄粉が混ぜられていて磁石とくっつくように作られています。

消しゴムの底にはネオジム磁石が内蔵されているので、その磁石を近づけることで消しカスを集めるという仕組みです。

※ネオジム磁石はネオジム、鉄、ホウ素を主成分とする希土類磁石の一つ。 永久磁石のうちで最も強力とされています。

四角い消しゴムはお磁ケシ・キャラ・動物から選べる

磁ケシは大きく分けて「四角い消しゴム」と「ペン」タイプがあります。

まずは四角い消しゴムについて。

四角い消しゴムはデザインの種類が豊富にあります。

一番に目を奪われるのは「おじケシ」!

おじケシは消しカスを頭に付けることでおじさんの印象が大きく変わります。
髪の毛…ならぬ消しカスで消しゴムに愛着が湧くこと間違いなし!

その他、動物シリーズも10種類、ミッフィーやスヌーピーのキャラクターも各種あるのでいろいろ気分に合わせて買ってみるのもよさそうです。

ペン型も詰め替えありで便利

次はペンタイプについて。

細かい部分を消すのにペンタイプの消しゴムは使い勝手が良いですよね。

ホルダーが黒のペン型はホワイト/ブルー/レッドの3色。

ホルダーがホワイトのペン型はオールホワイト/ピンク/グレーの3色があります。

替えの消しゴムがちゃんと販売されているのも嬉しいポイントです。

使い方

使い方は一般的な消しゴムと同じように字を消します。

ここまでは何の変哲もない消しゴム!

ただこの後に今までしたことがない動作に入ります。

消しカスを消しゴムの頭らしきところに付ける!(四角い消しゴムもペンタイプも)

ギュッと当てるんじゃなくて、軽く消しカスに触れるくらいの位置が一番くっついてきてくれます。

そして、くっついた消しカスをゴミ箱(消しカスを集めたい場所)でパチッと離します。

おじケシを使ってみた

四角い消しゴムは蓋を緩めれば消しカスが落ちます。

ペンZi-Keshiを使ってみた

ペンタイプはU型のつまみを動かすと消しカスが離れます。

これで消しカス集めが完了です。

値段

値段はモノによって違うので各種参考までに載せておきます。

シンプルZi-keshi:メーカー価格税込み280円
ミッフィーやスヌーピーなどのキャラクター:メーカー価格税込み350円
ペン型:メーカー価格税込み500円

使ってみた感想レビュー

良かったところ

まず使ってみて感じたことは「思ってた以上にちゃんと消しカスが磁石にくっつく」でした。

大きい消しカスは集められても小さいのは無理なんじゃないの?って疑っていたんですがちゃんと磁石にくっついてくれるんです!

しかも軽ーく近づけるだけで集められるので『必至で集めた感』もなくスムーズです。

ほんの少し点状に残ったりもしますが、残った消しカスもポンポンと軽く磁石部分を当てるとくっついてきてくれます。

そして、そのあとの磁石から消しカスを離すのも思ったよりキレイに離れてくれるんです‼

最後に手で払う必要がないくらいに落ちます!

ちょっと勢いを付けて磁石部分を離すとよりキレイに落ちるよ!

みかん

ここでちょっとおじケシをフサフサさせてみたくて消しカスをあえて出した写真を見て頂きたいです。

おじケシで消しカスを作る

こんなに集められるかなって思いませんか?

大丈夫!心配ご無用。

おじケシの磁石に消しカスを付ける

中心付近が密集しているのでヅラ感が否めませんがちゃんと全部くっつきました。笑

おじケシ髪の毛完成

消しゴムを立ててみたらなんとも味のあるおじさんに…

このおじケシ可愛すぎて悶絶です!

しかもよく見るとケースに切り込み線が入っていて、消しゴムが小さくなっても使いやすいように工夫されています。

おじケシ 切り込み線

気配り上手なおじさんって素敵!笑

ちょっと気になるところ

気になるところは、ペンタイプの磁ケシは少し消しにくいかなということです。

四角い消しゴムは問題なく字もキレイに消せるし消し心地も良いんですが、ペンタイプは圧がかけにくい感じ…。

とは言えそれ以外は何も気になりません。

鉄粉入りなので紙が汚れたりしないかも気になっていましたが、全くもって消しゴムで汚れることはありませんでした。

消しカスを集めることを楽しもう!

汚れたり散らかったりするのって良い気分にはなりませんよね。

片付けることを考えると億劫になることも…。

でも消しゴムに至っては、磁ケシを使うことで消しカスをも楽しんで集めることができるようになります!

大人だけでなく子供も楽しんで机をキレイにしたくなるので、消しカス問題に悩まれている方はぜひ磁ケシを使ってみてくださいね。

みかん

最後まで読んで下さりありがとうございます。 みかんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA