文具で毎日に〝楽しみ〟をプラス!

ずっと角が使える三角消しゴムは詰め替えがラク過ぎてはまる!

アインクリック タイトル

消しゴムの角って字が良く消えて使いやすいんですよね。

でも角ってすぐに無くなって丸みお帯びた消しゴムに早変わり。

「ずっと角があったらいいのにな」なんて子供のころに思った記憶があります。

角を使うのがもったいない気までしていました。笑

でもこれからはそんなことを考える必要はありません。

なんでって、ずっと角が使える消しゴムがあったんです!

ってことで、

テーマ

この記事は、ずっと角が使える三角消しゴムAinCLIC(アインクリック)についてのレビューを書いていきます。

アインクリックについて

アインクリック 全体像

三角形が特徴のペン型消しゴム

細長いペンタイプの消しゴムで、三角の筒状の消しゴムが入っています。

使い方

ホルダー式の消しゴムで、ノックすることで消しゴムが出てきます。

メーカーおすすめは2回ノック(5mm程度)だそうです。

カラー

メタルレッド/メタルブルーの2色から選べます。

値段

メーカー希望価格は税込み165円。

詰め替えあり

最近は詰め替えることのできる商品が多くなっていますが、アインクリックも中身の消しゴムを詰め替えることができます。

中身の消しゴムだけを買い足せばいいので経済的ですね。

詰め替えは【XZER6-1】を選んでくださいね。

使った感想レビュー

アインクリックを使ってみた

良かったところ

やっぱり角がずっとあるっていうのが最大の良いところです。

消したいところをピンポイントで消せるのはそれだけでありがたい!!

しかも手を汚さずに使えるペンタイプなのは、同時にいろんな作業をしたい人にはもってこいです!

消しゴム使った後にパソコン触ったりするのも微妙に気になるし、育児中だと赤ちゃんに触れたりもするから手は汚れないに越したことはないよね。

みかん

そんでもって詰め替え作業がべらぼうにラク!

もし消しゴム詰め替え作業のバイトがあったら「やっちゃうな」って思うくらいはまります‼

蓋を外したりすることなく詰めるだけでOKな上に、蓋がない分中の消しゴムの長さが長いって「どんだけ親切なんですか~」って叫びたくなります 笑

アインクリック 詰め替え部分
アインクリックの中の消しゴムを出してみたら…
アインクリック中の消しゴム詰め替え
キャップがない!

ホルダーの上から下までびっちり消しゴムがあるので無駄がないですよね。

あとは消す範囲を調節できるのも便利です。

幅広く消したい時は三角形の辺の部分を使って、ちょっとだけ消した時は角を使ってといった感じで使い分けができます。

私はたぶん角しか使わないけど…笑

みかん

ちょっと気になるところ

アインクリックを鉛筆持ちした画像

私が少し気になったのは消しゴムが固めなこと。

これは好みに寄るところが大きいので個人的な感想にはなるんですが、やっぱり消しゴムがペンでくぼんだ紙にフィットしてしっかり消してくれそうな柔軟さが好きな私としてはちょっと固い…。

固さがあるから消しカスもまとまらないのでその点は気になっちゃいます。

とは言え『角』で消すので字はちゃんと消えます。

あともう一つ気になった点が、鉛筆持ちをしたときに一番持ちやすい角度には角がないということ。

三角形なので鉛筆のように持つと持ちやすいんです。

でも鉛筆持ちすると圧がかかる方向は三角形の辺の部分になちゃうんですよね。

角を使いたいっていう私の思惑とは違って、辺部分が使いやすい形状なのでアレ?ってなりました。

みかん

ちょっと手首の角度を変えればいい話なんだけどね。

そもそも鉛筆持ちしないっていう方法もあるので、角を使うには若干「思ってたのと違う!」っていう感覚になるかもしれないことをお伝えしておきます。

ぺんてるのアインクリックはずっと角を使いたい人におすすめ

一言で【消しゴム】と言ってもそれぞれに特徴があります。

ぺんてるのアインクリックはとにかく角を使いたい人にはおすすめの商品です。

他にも消しゴムをお探しの方はこちらの記事もどうぞ。

Zi-keshi タイトル 【磁ケシ】磁石で消しカスを集めて机をキレイにしよう! MONOスティック タイトル 手が汚れない!一文字から消せる!MONOスティック消しゴムが便利

みかん

最後まで読んで下さりありがとうございます。 みかんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA